News

2022年05月23日 ソン・スンホン、映画『ヒドゥン・フェイス』(原題)出演確定&クランクイン!

記事原文はこちら

映画『ヒドゥン・フェイス』(原題)が16日にクランクインを知らせ、台本リーディング現場を公開しました。本作は、一通のビデオレターだけを残して消えた婚約者の行方を追っていた男が、彼女と関連した衝撃的な秘密に向き合うことによって繰り広げられるミステリースリラーです。

『ヒドゥン・フェイス』(原題)は、『情愛中毒』『春香秘伝 The Servant』『恋の罠』など破格的なストーリーの作品を、作り込まれたストーリーテリングと独創的なキャラクターで演出したキム・デウ監督がメガホンを取り、風変わりな視線と感覚で新たに誕生する予定です。

フィルモグラフィーをしっかりと埋めてきたソン・スンホンが、一夜にして婚約者を失ったオーケストラ指揮者“ソンジン”役を演じます。ソン・スンホンは、予測できない状況に置かれた“ソンジン”が体験する様々な感情を密度高く表現し、新たな魅力を披露する予定です。

『パラサイト 半地下の家族』で世界中の注目を集めたチョ・ヨジョンは、ビデオレターだけを残したまま突然消えたソンジンの婚約者スヨンとしてスクリーンへの復帰を知らせます。優れた感情演技で全世界の観客を魅了したチョ・ヨジョンが『パラサイト 半地下の家族』後、初の出演となる『ヒドゥン・フェイス』(原題)に対する好奇心と期待が高まります。

ソンジンの前に現れた魅力的なチェリストのミジュ役には、映画『コンジアム』、ドラマ『ユミの細胞たち』『ブラームスは好きですか?』等の作品を通じて注目を集めた新鋭のパク・ジヒョンがキャスティングされました。人物間の緊張感を極大化させるキャラクターであるミジュを演じるパク・ジヒョンは、新鮮ながらも破格的な熱演を予告します。

キム・デウ監督は「魅力溢れる俳優たちとしっかりとしたストーリーを持った作品を一緒に撮影することができて嬉しいです。心を込めて素敵な作品をお見せいたします」という抱負と挨拶を伝えました。



ソン・スンホンは「久しぶりに映画でご挨拶することになりました。信じて頼れるキム・デウ監督と呼吸を合わせることになり期待が大きく、興味深い台本と立派な俳優たちが揃っているのでさらに心強いです。観客の方々に面白く致命的な映画をお届けします」と話しました。

引き続き、ソン・スンホンへのあたたかいご声援を、よろしくお願いいたします。